図画工作科技能実習(中川公明先生)

段ボール箱でつくられたロボットや恐竜?

あまりにも身近で、用途やイメージの固定した段ボール箱。
それを素材として作品をつくるのは、大人の発想では大変苦心することです。
しかし、子どもの奔放な想像力なら、大人の思考を軽く超えて行きます。
きっと子どもたちと共同制作すると楽しいでしょうね。
a0101848_9213022.jpg
                                                                    
   (写真は制作中)                 〈スタッフS〉
[PR]
by bunkyo-artlabo | 2008-07-18 09:45 | 授業紹介 | Comments(0)