人気ブログランキング |

和紙講義

こんにちは057.gif
急に寒くなりましたね。035.gif

先日、絵画の授業の時間に和紙講義がありました!

講演して下さったのは
日本橋の老舗 1653年創業 『小津和紙』 西本 幸宏先生です
a0101848_15494356.jpg

http://www.ozuwashi.net/

日本橋本町にある小津和紙は日本各地の高級和紙から日用和紙まで様々な商品を取り揃えてあります。
また、手透き和紙体験工房や展示ギャラリーまで備えて、ありとっても素敵なお店です016.gif
外国の方もよく来られるので英訳された案内もあります。

そんな歴史ある和紙のエキスパートの講義
a0101848_1550679.jpg

和紙の制作現場の映像を見せていただきました。

日本の和紙の紙すきの技術は単に中国の模倣をしたものではなく、独自の改良と開発をかさね今日の日本の伝統的な文化として発展していきました。
最近ユネスコの無形文化遺産としても登録されましたね。
なにがすごいってその丈夫さ!
講義で和紙とコピー用紙を破こうとして強さを比べてみました。
和紙の破れないこと!017.gif
和紙は木の繊維を残したまま絡み合わせて作るので、とても丈夫です066.gif
また、自然素材だけを使うので化学薬品なしで1000年以上経っても劣化しないと言われています。奈良の正倉院には1260年前に作られた和紙が当時と変わらず残っているとか。すごいですね〜!

a0101848_1691652.jpg

手漉き和紙の工程の映像を見てみんな関心していました。
手透き和紙は全て手作業なので重労働です。工程としてはざっと14もの工程を経て作られます。そんな一つ一つ丁寧な仕事が丈夫な日本の和紙を作ってくれている事を実感させられる内容でした。

a0101848_16939100.jpg

和紙の目を透かしてみたり023.gif
a0101848_16111818.jpg

西本先生の講義を真剣にメモ!

a0101848_16125364.jpg

生徒からの質問しも沢山答えていただきました。
みんな興味津々に聞き入っていました。

日本の良い文化を日本に住んでいながらも、よく知らなかったりしますよね。学生は日本の文化に触れる事が出来、有意義な時間となったようです。
少し周りを見渡して古いものから新しい発見をするのもいいのではないでしょうか037.gif
by bunkyo-artlabo | 2015-11-26 16:20 | 授業紹介 | Comments(0)