クサカベ工場見学&絵の具作り

絵画1の授業外講座「クサガベ工場見学&絵の具作り」に行ってきました。毎年1年生は絵の具メーカーのクサカベに絵の具の学習に行きます。絵の具作りの背景を知ることで、絵の具が身近なものに変わっていきます。  <三澤一実>
a0101848_2401867.jpg
a0101848_2403630.jpg
続きをみる>>



▼何回もローラーを通して絵の具が練り上げられていきます。ヘラで触って硬さを確認してみる。
a0101848_2424613.jpg

▼絵の具の粒の大きさを測るゲージ。絵の具のなめらかさに関係します。
a0101848_2432730.jpg

▼チューブに絵の具を装填するライン。何度見ても楽しい場所です。
a0101848_244036.jpg

▼絵の具が装填されたチューブはラベルを貼って箱詰めへ。
a0101848_2452250.jpg

▼絵の具のラベルを貼る機械。単純だけど良くできている。
a0101848_2465529.jpg



 工場見学の後は絵の具作りに挑戦。ます最初に、技術の岩崎さんから、絵の具の種類や材料、作り方などについての講義があります。

▼絵の具の毒性についての話し。食塩よりも毒性は少ない。しかし環境を守るために使用後の処理はしっかりして下さいと岩崎さん。
a0101848_24828.jpg

▼いよいよ油絵の具作りに。まずは顔料に油を加えパレットナイフで混ぜる。
a0101848_2484294.jpg

▼かつて弟子が師匠の絵の具をつくっていたように?少量づつ取り分けてひたすら絵の具を練る。
a0101848_2493612.jpg

▼練った絵の具をチューブに装填。
a0101848_2501160.jpg

▼チューブのおしりを折り機で折ってマイ絵の具の完成。シールにオリジナル絵の具の名前を書こむ。
a0101848_2504530.jpg


 クサカベの工場見学は今年で6回目。毎年の恒例行事になりました。私のマイ絵の具コレクションも6本目。
 この体験から、クサカベの協力のもと小中学校で取り組める「手作り絵の具で絵を描こう」などの題材が生まれました。ワークショップなどで実際に子どもを相手に行っています。 
[PR]
by bunkyo-artlabo | 2007-09-10 02:41 | Comments(0)